「充実の院内設備」

セレック治療

歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステム

セレック治療とは、歯科用機器「CEREC(セレック)」を使った審美的治療のことをいいます。
 

コンピュータを使用し、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を院内にて作製できます。


もちろん素材は金属ではなく、高品質のセラミックブロックを使用するため、金属アレルギーの心配もありません。


また、ブリッジや義歯の場合は患部の歯型を採り石膏模型から技工士による作業時間が不要で、高品質で白い歯が短い時間で従来よりも安価に作成できるようになりました。

セレック(CEREC)治療とは

治療時間が短い

1、2本の治療であれば、多くの場合、1時間程度で歯科技工物をセットできます。
通常は、1週間ほどかかる治療が短時間で完了します
※ 歯科技工物の素材や患者様の症状によっては、再度来院いただく場合もございます。

 

天然歯のような美しさ

セラミックブロックはさまざまな色があり、材料によって強度も異なります。
周りの天然歯となじむ様に、患者様に最適な歯科技工物を作製することができます。

 

歯科技工物の作製日数/費用負担も軽減

従来の治療法では、院内で歯型を取ったあと、歯科技工物は歯科技工所へ依頼して、歯科技工師に作製してもらいましたが、当院では歯科技工士スタッフも在中のため、より外注費がかからず、費用・時間の短縮が可能となりました。

セレック治療の特徴

Step.1 スキャン(型取り)

むし歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影します(スキャン)。 今までのような型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数分の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。 ※症例により型取りが必要な場合もあります。

Step.2 修復部設計

コンピュータの3D画面上でセラミックスの修復物を設計します。 モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。 設計後は様々な色のセラミックスブロックから最適な色のものを選定します。

Step.3 修復部作製

ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

Step.4 口腔内セット

削り出されたセラミックスの修復物を研磨し口腔内へセットします。 これで治療完了となります。

セレック治療の流れ

 

歯科用CT

デジタル式レントゲン装置の被ばく量は 一般のレントゲンの8分の1程度(約0.001mSv)、 また歯科用CTは一般医科用CTと比べ被ばく量非常に少ない(約0.05mSv)事が特徴ですが、 撮影の必要性と被ばくを配慮して対応しています。

レーザー治療

当医院ではレーザーによる

治療を行なっております。

外科処置

歯間治療などに有効です。

メラニン色素除去

歯茎の着色の除去に有効です。

 

詳しくはスタッフまで

お問い合わせください。

プライバシーに配慮した診察室

待合室

歯科技工室

カウンセリングコーナー